トップページ > 事業関係 >  多面的機能支払交付金事業

 農業・農村は、国土保全、水源かん養、景観形成等の多面的機能を有しており、その利益は
広く国民全体が享受しています。しかし、高齢化や人口減少により地域によって支えられている
多面的機能に支障が生じつつあります。また、共同活動の困難化に伴い、農用地、水路、農道
等の地域資源の保全管理に対する担い手農家の負担増加も懸念されています。

 このため、農業・農村の有する多面的機能の維持・発揮を図るため、地域の共同活動に係る
支援を行い、地域資源の適切な保全管理を推進するものです。

活動内容の紹介

地域による保全活動

水路に溜まった泥を上げています

水路溝畔の草刈をしています

痛んだ農道に敷砂利をしています

 

教育機関との連携

4月、美味しいお米のため種まきからスタート

みんなで種まき

5月、みんなで田植え

国際教養大学の学生も参加

こちらは幼稚園でのバケツ田植え、まずは土作りから

土が出来たら植え付け、上手に出来た!

10月、いよいよ稲刈り

みんなで刈った稲、はさ掛けして終了

太田東小学校の収穫感謝祭に招待されました

みんなで作ったお米で餅つき!

みんなはどの味が好き?

種まきから収穫、みんなで作ったお米は美味しいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地区概要 田沢疏水土地改良区が管轄している地区の詳細についてご説明します。
事業関係 日常生活の多岐にわたって利用される田沢疏水の事業をご紹介します。
広報 年2回発行している田沢疏水の広報を、WEB上でもご覧いただけます。
田沢疏水の歴史 文政8年から続く田沢疏水の歴史をスライドショーで解説します。

PAGE TOP